未分類 0 Comments

業者に印刷を頼む利点は、他にもあります。それはデザインです。名刺は一般的なサイズが好ましいと示しましたが、大きなスペースではありません。その中で伝えることは伝え、センスが良いものを作りたいものですが、案外と難しいものがあります。どういう風に作りたい、どのように伝えたいというイメージは誰もが思ってはいるものの、実際にそれをあのスペースに描くとなると、イメージ通りにはいきません。自作名刺を何度も作ったことのある人は分かると思いますが、頭の中のイメージと実際の印刷されたものとはかなり違いがあるのです。

業者は今までに多くの名刺を印刷し、数々の名刺のデザインを行ってきています。客がどのようなイメージを持ち、それはどのように表現するのかというのは、それまでの情報によりある程度は分かっているのです。その情報によりイメージに近いものを、客側に伝えてくれる。それがプロの仕事なのです。文字の大きさやスタイル、地図など素人ではおさえることができないポイントも知っていますので、理想に近いデザインを導いてくれます。

名刺を刷ってくれる業者が近くにない場合でも、インターネットには多くの業者が存在しています。激安印刷からフルカラー印刷まで行う業者まで数多く存在していますので、自分に合った業者を選定することができるでしょう。

未分類 0 Comments

プライベート用の名刺はPCで印刷してもよいのですが、仕事用の名刺はなるべくでしたら業者に頼んだほうが無難だといえるでしょう。

参考HP>>>高品質の名刺作成ならデザイン名刺.net 【即日スピード印刷/発送】

業者を頼む利点は、印刷部数に対してのコストです。前項で示したように自分で印刷するとデザインの自由度は広がりますが、一枚の単価というのは割高です。業者に頼むと最低でも100枚単位となるケースがほとんどですが、一度に印刷する部数が多ければ多いほど、1枚当たりにかかる単価が安くなるのは常識だといえるのです。プライベート用の名刺はそう多くは配りませんし、単価が多少高くとも構わないと考える人が多いのですが、そこが抜け穴だともいえます。

それは信用です。自由に印刷ができ、印刷する枚数が少数である自作名刺は、自由と同時に適当だとも受け取ることができます。業者で印刷すると100枚単位が普通であり、名刺を毎日のように交換したり、配って回る部署ではそれ以上に印刷を行います。つまり業者に頼む名刺は数を刷っている名刺であり、ちゃんとした名刺であると受け止められることが多いのです。これは自作名刺が悪いというわけではありません。名刺の歴史がPCより古く、その歴史が築いてきた信用そのものなのです。古い考えのようにも思えますが、実際の社会はそのような歴史の積み重ねが信用になることが多いのです。

未分類 0 Comments

前項で示しましたが、現在では名刺は会社でだけ使用するものではなくなりました。インターネットを介し実際に出会うオフ会などでも使われており、使用目的は数多く存在しています。名刺は社会人の証明であり、証拠にもなるものでしたが、プライベートで使用するものですとかなり自由に作ることができます。

会社で使用するものは会社が定めた形であるのに対し、個人事業主やプライベートですとデザインや示される内容もまた個人の自由となります。ただ大きさとしては日本の標準サイズである91ミリ×55ミリであったほうが無難といえるでしょう。個人で使用するさいは大きさも自由なのですが、名刺は裸で持ち歩くことはほとんどなく、市販されている名刺入れや財布の中に入れている人がほとんどです。また持ち帰った後にファイルに保存している人も多いので、逸脱した大きさのものですと受け取った相手が保存に困ることになりますので、なるべく標準サイズであったほうがよろしいのです。

自分でデザインを決められるプライベートの名刺の場合は、プリンターで印刷することもできます。名刺用に区切られた専用用紙も販売されていますので、簡単にオリジナル名刺を作ることができるのです。

未分類 0 Comments

名刺の歴史は非常に古く、古代中国の後漢頃といわれています。使用方法は現在のものと違い、科挙官僚、地主、文人を兼ね備えた士大夫階級が、邸(一定以上の階級の屋敷)を訪れたときに門に置かれた箱の中に姓名と身分を書いた札を入れ、取次を要請した習慣とされています。そのときに使用された札が「刺」と呼ばれ、名刺の起源とされています。起源がアジアということもあり、名刺は中国や日本、韓国や台湾など東アジアを中心に使用されていましたが、近年ではアジアでのビジネスの広がりや、メールアドレスの交換を行うために欧州でも使われるようになってきました。

インターネットの普及が盛んになる以前は、名刺というと社会人が持つものであり、大人(社会人)の証拠のようなものでしたが、インターネットの普及に伴いメールアドレスが一般化すると、オフ会などでメールアドレスの交換に使用されるようになり、未成年であっても使用されるようになってきました。

日本では名刺は、会社名や所属(役職)、会社住所、電話番号(FAX番号)などが記され、裏面を行う場合は取り扱い品目や会社の仕事内容などが記されるケースがありました。現在でもそのような印刷を行っている名刺は数多く存在していますが、連絡先は会社の電話番号だけでなく、メールアドレスや会社のHPアドレス、携帯電話の番号などが表記されています。名刺という名前と形は同じであっても、時代に合わせて中身は変わってきているのです。