未分類 0件のコメント

パソコンと一緒にノートを広げる女性業者に印刷を頼む利点は、他にもあります。それはデザインです。名刺は一般的なサイズが好ましいと示しましたが、大きなスペースではありません。その中で伝えることは伝え、センスが良いものを作りたいものですが、案外と難しいものがあります。

どういう風に作りたい、どのように伝えたいというイメージは誰もが思ってはいるものの、実際にそれをあのスペースに描くとなると、イメージ通りにはいきません。自作名刺を何度も作ったことのある人は分かると思いますが、頭の中のイメージと実際の印刷されたものとはかなり違いがあるのです。

業者は今までに多くの名刺を印刷し、数々の名刺のデザインを行ってきています。客がどのようなイメージを持ち、それはどのように表現するのかというのは、それまでの情報によりある程度は分かっているのです。その情報によりイメージに近いものを、客側に伝えてくれる。それがプロの仕事なのです。文字の大きさやスタイル、地図など素人ではおさえることができないポイントも知っていますので、理想に近いデザインを導いてくれます。

名刺を刷ってくれる業者が近くにない場合でも、インターネットには多くの業者が存在しています。激安印刷からフルカラー印刷まで行う業者まで数多く存在していますので、自分に合った業者を選定することができるでしょう。

参照HP – 名刺
プロのデザイナーがレイアウトした名刺を作成している業者「デザイン名刺.net」です。

 

インパクトある名刺で印象付けよう

会社等で働いている人でなくても、現代は名刺を持つ人が増えています。名前・住所に限らず、今ではハンドルネーム・メールアドレス等、相手に伝えておきたい自分の情報を1枚に託して手渡す。そんな時代です。

名刺はパソコンで自分で作るという人が殆どだと思います。手軽で簡単な作成ソフトもたくさんあるし、ちょっと変わった名刺用紙も、量販店に行けば手に入ります。自分なりの拘りを込めたインパクトある凝った名刺を作り、手渡す相手に印象付けてみてはどうでしょうか。

顔写真や似顔絵入りはもちろん、トレードマークやロゴまで自分で作って名刺に載せると楽しいですね。

プリントアウトしてミシン目で切り取った名刺では物足りないという方は、業者の印刷に出してみるのもいいかもしれませんね。こちらも最近は、ネットでお手軽に注文できます。しかもかなりの安価です。DTP可能なソフトが弄れて、版下さえ自分で作れる人なら、業者に注文するのが一番良いかもしれません。

個性的なデザインの名刺を作るためには

ビジネスにおいて、必要不可欠なアイテムである名刺。名刺次第で次の取引や仕事に繋がる可能性がある、大事なアイテムです。大事なアイテムだからこそ、名刺のデザインにはこだわりたいものです。今回は個性的な名刺を作るためにはどうしたらいいのか説明します。

名刺は基本的にシンプルなデザインのものが好まれます。名前や電話番号などの情報がひと目でみて分かる名刺こそが、ビジネスの世界では効果的な名刺だとされています。そんなシンプルなデザインだからこそ、効果を発揮するのが特殊加工です。箔押しやエンボス加工などをほどこすことで、普通の名刺も際立たせてみせることができます。箔押し加工は名刺をゴージャスにみせることができるので、高級感を出したい時に使うととても効果的です。

特殊加工を効果的に使えば、あなたのイメージアップに繋げることができます。ですがあまり派手に使うと逆効果なので、発注する際はよく考えて図柄を決定しましょう。

未分類 0件のコメント

プライベート用の名刺はPCで印刷してもよいのですが、仕事用の名刺はなるべくでしたら業者に頼んだほうが無難だといえるでしょう。

名刺業者を頼む利点は、印刷部数に対してのコストです。前項で示したように自分で印刷するとデザインの自由度は広がりますが、一枚の単価というのは割高です。業者に頼むと最低でも100枚単位となるケースがほとんどですが、一度に印刷する部数が多ければ多いほど、1枚当たりにかかる単価が安くなるのは常識だといえるのです。プライベート用の名刺はそう多くは配りませんし、単価が多少高くとも構わないと考える人が多いのですが、そこが抜け穴だともいえます。

それは信用です。自由に印刷ができ、印刷する枚数が少数である自作名刺は、自由と同時に適当だとも受け取ることができます。業者で印刷すると100枚単位が普通であり、名刺を毎日のように交換したり、配って回る部署ではそれ以上に印刷を行います。つまり業者に頼む名刺は数を刷っている名刺であり、ちゃんとした名刺であると受け止められることが多いのです。これは自作名刺が悪いというわけではありません。名刺の歴史がPCより古く、その歴史が築いてきた信用そのものなのです。古い考えのようにも思えますが、実際の社会はそのような歴史の積み重ねが信用になることが多いのです

 

名刺は会社を表すもの

名刺というものはとても大切なものです。その会社のイメージなどを決めてしまうものであり、こうしたものはとても大事なものです。最近はとても個性的な名刺などもありますが、名刺において一番大切なことは相手に印象付けるということであり、こうしたことから考えていくと個性的な名刺というものはとても大きな価値があるものです。

こうしたものはとても多くの人に利用されているものであり、そういった意味でも差別化していくということはとても大切なことです。差別化を図っていくということにより、効率的に会社や個人などを覚えてもらうということになりますし、こうしたことはとても大きな価値があります。

名刺というものはとても大きな価値のあるものであり、こうしたこ名刺はこれからの世の中でもとても多くの人に支持されていくものであり。名刺から新たなビジネスチャンスに繋がっていくということもあるものですし、こうした名刺はとても大切なツールだと思います。名刺は大切なものです。

 

ビジネスシーンでのあなたの顔、名刺を自分で作成しよう。

仕事をする上でのやり取りで自己紹介の際に必要な名刺。白黒の普通の名刺を使っていては相手にあなたを印象づけることが出来るのでしょうか。せっかく渡したのに後でもう一度見た時にあなたを思い出して貰えなければ意味がないのではないでしょうか。他と差をつけるためにも自分でおしゃれで個性的な名刺を作ってみましょう。

自分で作るなんて難しそう、センスがないのでデザインは無理という方でも名刺作成サイトやソフトを利用して簡単に素敵な名刺が作れます。一からデザインして作ることももちろん出来ますが、背景やデザイン、テンプレートなどを選択して組み合わせていくだけで作成出来るサイトもあります。

まずは色々な名刺作成サイトがありますので、自分のイメージ通りのデザインが作れそうなサイトを探してみて下さい。また、作成した名刺はインターネット上でそのまま注文することが出来ますので作成して注文してあとは待つだけです。新しい自分だけの名刺で仕事をするのも楽しくなるかもしれませんね。

未分類 0件のコメント

名刺入れ前項で示しましたが、現在では名刺は会社でだけ使用するものではなくなりました。インターネットを介し実際に出会うオフ会などでも使われており、使用目的は数多く存在しています。名刺は社会人の証明であり、証拠にもなるものでしたが、プライベートで使用するものですとかなり自由に作ることができます。

会社で使用するものは会社が定めた形であるのに対し、個人事業主やプライベートですとデザインや示される内容もまた個人の自由となります。ただ大きさとしては日本の標準サイズである91ミリ×55ミリであったほうが無難といえるでしょう。個人で使用するさいは大きさも自由なのですが、名刺は裸で持ち歩くことはほとんどなく、市販されている名刺入れや財布の中に入れている人がほとんどです。また持ち帰った後にファイルに保存している人も多いので、逸脱した大きさのものですと受け取った相手が保存に困ることになりますので、なるべく標準サイズであったほうがよろしいのです。

自分でデザインを決められるプライベートの名刺の場合は、プリンターで印刷することもできます。名刺用に区切られた専用用紙も販売されていますので、簡単にオリジナル名刺を作ることができるのです。

 

わたしの勤め先では名刺を自作しています

わたしの勤め先では、名刺を自分の社内で作成しています。昔は名刺の作成は業者さんにお願いしていたようなのですが、景気が悪化してきてからは、経費削減ということで可能な限りの経費削減をおこなうこととなり、その一つとして名刺作成も業者さんにお願いするのではなく、自分のところで作成し出来る限りの経費削減をおこなっているようです。

そして、業者さんにお願いするときは1回で済ませるために、大量の枚数を作成していました。これも必要最低限だけを作成するようにして、無駄をなくすようにしています。これは、エコの意味でもいいことかとは思います。

そして、自分のところで作成するメリットとしては、名刺が後からほしいや変更をするなどといったことが、すぐに対応できるということがとても大きなメリットかと思っています。今では、パソコンとプリンタがあれば名刺を作成することができるようになっているので、本当に便利な時代になって、とてもありがたい世の中だなと感じています。

 

名刺を自作し印刷する方法

ビジネスで使う名刺を注文すると、1ケース100枚入りが多いと思います。営業職等、外部の人と接する部署の人は1ケース100枚作っても、数ヶ月で無くなってしまうと思います。逆に外部の人と接する機会が少ない、ディスクワークをされている方や生産現場の方などは、100枚作ってもなかなか減らず、気づけば100枚を使い切る前に部署移動になり、名刺に書かれている部署が変更になって使用出来ない為、新たに作成し直す事になってしまった経験をお持ちだと思います。

1枚当たりの単価は安いですが、それが大きな会社だと数十人、数百人分になり結構な金額になってしまいます。名刺は、展示会に行くのであれば100枚位は必要ですが、普段は名刺入れに10枚位入れておけば足りると思います。10枚程度であれば、市販の名刺用用紙と作成ソフトを使えば簡単に作成出来ます。

名刺の作成時に問題になるのが、会社のロゴだと思います。会社のロゴは、印刷業者に印刷してもらう時にイニシャル費を支払っていると思うので、印刷業者に提出させれば、それを貼り付けるだけで名刺が出来ます。会社のロゴ以外は、名刺を見ながら作成ソフトで同じ物を作れば出来上がりです。コスト削減の為に、頑張って名刺の印刷にチャレンジして下さい。

未分類 0件のコメント

屋敷名刺の歴史は非常に古く、古代中国の後漢頃といわれています。使用方法は現在のものと違い、科挙官僚、地主、文人を兼ね備えた士大夫階級が、邸(一定以上の階級の屋敷)を訪れたときに門に置かれた箱の中に姓名と身分を書いた札を入れ、取次を要請した習慣とされています。そのときに使用された札が「刺」と呼ばれ、名刺の起源とされています。起源がアジアということもあり、名刺は中国や日本、韓国や台湾など東アジアを中心に使用されていましたが、近年ではアジアでのビジネスの広がりや、メールアドレスの交換を行うために欧州でも使われるようになってきました。

インターネットの普及が盛んになる以前は、名刺というと社会人が持つものであり、大人(社会人)の証拠のようなものでしたが、インターネットの普及に伴いメールアドレスが一般化すると、オフ会などでメールアドレスの交換に使用されるようになり、未成年であっても使用されるようになってきました。

日本では名刺は、会社名や所属(役職)、会社住所、電話番号(FAX番号)などが記され、裏面を行う場合は取り扱い品目や会社の仕事内容などが記されるケースがありました。現在でもそのような印刷を行っている名刺は数多く存在していますが、連絡先は会社の電話番号だけでなく、メールアドレスや会社のHPアドレス、携帯電話の番号などが表記されています。名刺という名前と形は同じであっても、時代に合わせて中身は変わってきているのです。

 

現在では名刺も広告の一部に

私が子供の頃、おじいちゃんは国鉄のお偉いさんで、その名刺入れには同じ大きさの、同じようなデザインの白い札が沢山入っていました。まるでトランプやカルタなどの様に一様のカードがぎっしりだった記憶があります。その頃の記憶から、これは白い物である程度の規格通りのデザインであるべきものと私の脳には刷り込まれていました。

私が社会人となり、当然自分もその白い札を用意されました。その白い札には些かの疑問もなく、先方に渡す時にも渡される時にもいわゆるこれは形式的なフォーマットの物であって、こういうものなのだと思い込んでいました。ある日取引先の方から写真入りのものを渡された時、今までと違うフォーマットであることに衝撃を覚えました。明らかに今まで私が常識としていたことに反していたのです。

それ故に、当時その方の事は忘れ得ぬ存在となり、ちょくちょく物事のお願いをしていたものです。現在では元々ただの白い札だったものが、様々なものを見かけるようになりました。両面印刷されたもの、顔写真が入ったもの、全体が写真のもの、色とりどりの色彩のものなど。

私が社会人になった頃は、単純に自分という存在をメモした紙を相手に渡していただけだったものが、現在では自分や自社のイメージを崩さず尚且つアピールできる広告にまで昇華してきたのでしょう。現在では私自身も如何に自分のやっていることをアピールできるかなどを考えて、デザインを考える立場となっています。今後電子的な物がより発達し、名刺に含まれる情報も今の比ではない程になるかもしれませんね。

 

名刺に歴史を感じるとき

最近、入社して以来、14年間の自分の名刺をながめてみました。すると時代の流れがうかがえるものがいくつかありました。

まず、入社した時ですが、英語表記はなく、紙の品質もコストを意識しない上質なものでした。新入社員にそぐわず、かなり良いものでした。

そして、エコを意識するようになってまず、紙の素材が変わっていきます。会社としての意識を表に出すためのエコマークなどが名刺にはいったり、情報セキュリティの認証を持っているというマークが入ったりと少しずつ表記が増えていきます。

そして何より大きな変化は英語表記です。グローバル化が進むにつれて、次第に英語表記が増えていったのを覚えていますがわたしもいつのまにやら名刺への英語表記が必須になっていました。正直、海外の方との名刺交換など年に数回にもかかわらずです。コスト的にはさほどかわらないのであれば、社員にグローバル意識を持たすためにはてっとり早い手段かもしれません。