プロのデザイン

未分類 0 Comments

パソコンと一緒にノートを広げる女性業者に印刷を頼む利点は、他にもあります。それはデザインです。名刺は一般的なサイズが好ましいと示しましたが、大きなスペースではありません。その中で伝えることは伝え、センスが良いものを作りたいものですが、案外と難しいものがあります。

どういう風に作りたい、どのように伝えたいというイメージは誰もが思ってはいるものの、実際にそれをあのスペースに描くとなると、イメージ通りにはいきません。自作名刺を何度も作ったことのある人は分かると思いますが、頭の中のイメージと実際の印刷されたものとはかなり違いがあるのです。

業者は今までに多くの名刺を印刷し、数々の名刺のデザインを行ってきています。客がどのようなイメージを持ち、それはどのように表現するのかというのは、それまでの情報によりある程度は分かっているのです。その情報によりイメージに近いものを、客側に伝えてくれる。それがプロの仕事なのです。文字の大きさやスタイル、地図など素人ではおさえることができないポイントも知っていますので、理想に近いデザインを導いてくれます。

名刺を刷ってくれる業者が近くにない場合でも、インターネットには多くの業者が存在しています。激安印刷からフルカラー印刷まで行う業者まで数多く存在していますので、自分に合った業者を選定することができるでしょう。

参照HP – 名刺
プロのデザイナーがレイアウトした名刺を作成している業者「デザイン名刺.net」です。

 

インパクトある名刺で印象付けよう

会社等で働いている人でなくても、現代は名刺を持つ人が増えています。名前・住所に限らず、今ではハンドルネーム・メールアドレス等、相手に伝えておきたい自分の情報を1枚に託して手渡す。そんな時代です。

名刺はパソコンで自分で作るという人が殆どだと思います。手軽で簡単な作成ソフトもたくさんあるし、ちょっと変わった名刺用紙も、量販店に行けば手に入ります。自分なりの拘りを込めたインパクトある凝った名刺を作り、手渡す相手に印象付けてみてはどうでしょうか。

顔写真や似顔絵入りはもちろん、トレードマークやロゴまで自分で作って名刺に載せると楽しいですね。

プリントアウトしてミシン目で切り取った名刺では物足りないという方は、業者の印刷に出してみるのもいいかもしれませんね。こちらも最近は、ネットでお手軽に注文できます。しかもかなりの安価です。DTP可能なソフトが弄れて、版下さえ自分で作れる人なら、業者に注文するのが一番良いかもしれません。

個性的なデザインの名刺を作るためには

ビジネスにおいて、必要不可欠なアイテムである名刺。名刺次第で次の取引や仕事に繋がる可能性がある、大事なアイテムです。大事なアイテムだからこそ、名刺のデザインにはこだわりたいものです。今回は個性的な名刺を作るためにはどうしたらいいのか説明します。

名刺は基本的にシンプルなデザインのものが好まれます。名前や電話番号などの情報がひと目でみて分かる名刺こそが、ビジネスの世界では効果的な名刺だとされています。そんなシンプルなデザインだからこそ、効果を発揮するのが特殊加工です。箔押しやエンボス加工などをほどこすことで、普通の名刺も際立たせてみせることができます。箔押し加工は名刺をゴージャスにみせることができるので、高級感を出したい時に使うととても効果的です。

特殊加工を効果的に使えば、あなたのイメージアップに繋げることができます。ですがあまり派手に使うと逆効果なので、発注する際はよく考えて図柄を決定しましょう。