信用を配るもの

未分類 0 Comments

プライベート用の名刺はPCで印刷してもよいのですが、仕事用の名刺はなるべくでしたら業者に頼んだほうが無難だといえるでしょう。

参考HP>>>高品質の名刺作成ならデザイン名刺.net 【即日スピード印刷/発送】

業者を頼む利点は、印刷部数に対してのコストです。前項で示したように自分で印刷するとデザインの自由度は広がりますが、一枚の単価というのは割高です。業者に頼むと最低でも100枚単位となるケースがほとんどですが、一度に印刷する部数が多ければ多いほど、1枚当たりにかかる単価が安くなるのは常識だといえるのです。プライベート用の名刺はそう多くは配りませんし、単価が多少高くとも構わないと考える人が多いのですが、そこが抜け穴だともいえます。

それは信用です。自由に印刷ができ、印刷する枚数が少数である自作名刺は、自由と同時に適当だとも受け取ることができます。業者で印刷すると100枚単位が普通であり、名刺を毎日のように交換したり、配って回る部署ではそれ以上に印刷を行います。つまり業者に頼む名刺は数を刷っている名刺であり、ちゃんとした名刺であると受け止められることが多いのです。これは自作名刺が悪いというわけではありません。名刺の歴史がPCより古く、その歴史が築いてきた信用そのものなのです。古い考えのようにも思えますが、実際の社会はそのような歴史の積み重ねが信用になることが多いのです。