プライベート用名刺

未分類 0 Comments

前項で示しましたが、現在では名刺は会社でだけ使用するものではなくなりました。インターネットを介し実際に出会うオフ会などでも使われており、使用目的は数多く存在しています。名刺は社会人の証明であり、証拠にもなるものでしたが、プライベートで使用するものですとかなり自由に作ることができます。

会社で使用するものは会社が定めた形であるのに対し、個人事業主やプライベートですとデザインや示される内容もまた個人の自由となります。ただ大きさとしては日本の標準サイズである91ミリ×55ミリであったほうが無難といえるでしょう。個人で使用するさいは大きさも自由なのですが、名刺は裸で持ち歩くことはほとんどなく、市販されている名刺入れや財布の中に入れている人がほとんどです。また持ち帰った後にファイルに保存している人も多いので、逸脱した大きさのものですと受け取った相手が保存に困ることになりますので、なるべく標準サイズであったほうがよろしいのです。

自分でデザインを決められるプライベートの名刺の場合は、プリンターで印刷することもできます。名刺用に区切られた専用用紙も販売されていますので、簡単にオリジナル名刺を作ることができるのです。